【ビクトリア】ホエールウォッチングに行こう!【アクティビティ】

お役立ち情報

この記事では一部PR広告を利用しています。

カナダの近海には多くの海洋哺乳類が生息していて、世界でも有数の観測スポットです。クジラシャチは日本で野生の姿をなかなか見ることが難しいので、ず~っと見たいと思っていました。

実は昨年、ビクトリアホエールウォッチングをしてきたので、その体験レポートを今更ですが書いてみました!

一応シーズンは3月~12月ですが、夏以降決まったシャチの群れが定住する関係で、シャチの観測率も上がるという情報を信じ、9月にツアーに参加しました。

 

予約

ツアーを選ぶ

Five Star Whale Watching

いくつかツアー会社はありますが、私が利用したのはFive Star Whale Watchingという会社です。決め手は一番有名そう(?)だったのと、Webサイトが充実していたのでここに決めました!

3月~12月の期間でホエールウォッチングのツアーを提供しています。

 

料金

現在の情報だと$125からツアーを楽しむことができるみたいです!昨年より値上げしているみたいですね。

クジラ目的でのツアーの場合は下記の2つがおススメです。

  • 3 Hour Catamaran Whale Watching Tour
  • Ultimate Marine Adventure & Whale Watching Tour

Catamaran Whale Watching Tourの方が一般向けだと思います。手軽に観光の一環で楽しみたい人はこちらの3時間ツアーがおススメです。

Ultimate Marine Adventure & Whale Watching Tourは、より小さいボートに乗って近くまで近づくことができます。こちらの方がエキサイティングだなと思って予約したのですが、最小人数(12人前後?)に満たない場合はツアーがキャンセルになってしまうので注意してください。

私はUltimateの方に申し込んだのに、人数が足りずCatamaranの方になってしまいました…結局クジラもシャチも見ることができたので良かったですが、小さいボートの方がより近くで見ることができるのでいいですよね。(ただしもっと濡れるし寒かったと思う)

 

ツアーの時間は?

三時間程度とありますが、受付などを含めると5時間くらい見積もって予定を空けておいた方がいいと思います。

日帰りでホエールウォッチングに行ったので、到着後ビクトリアのダウンタウンに移動+ブランチ+ホエールウォッチングで予定がちょっとキツキツでした。

帰りのフェリーの時刻をチェックはもちろんですが、市内からバンクーバー行きのフェリー乗り場まで1時間程度かかることもあるので気を付けてください。特に夕方以降は本数も少なくて駆け足でバス停に移動しました。

 

 

当日の受付場所は?

オフィスは港近くにあり、わかりやすい場所にあるので安心です。

入ってスタッフの人に名前などを伝えると手続きを進めてくれます。

 

船乗り場はどこ?

受付から歩いて10分もかからないところにあります!

地図は近くの目印になりそうなレストランです。階段があるので降りて港に行くことができます。

レストランの隣にお土産屋さんと公衆トイレがあるので、乗船する前に必ず行っておきましょう!

近くに「CANADA」の文字とシャチのオブジェがあるので、写真を撮りながら暇つぶしして時間を待ちましょう。

ちなみにこの近くに手軽にドリンクを買える売店らしきものはなかった気がするので、水など飲み物が欲しい場合は途中までの道程で買っておいた方がいいです!

スタバやTim Hortonのドリンクを持ち込んでいる人もいましたが、こぼれるのが心配な場合はペットボトルや水筒の方がいいですね。

 

 

持ち物

  • レインコート
  • 防寒対策
  • タオル
  • 帽子
  • 酔い止め

ツアー会社からは、Sunblock(日焼け止め)、Sunglasses(サングラス)、Camera or video camera and film(カメラなど)、Binoculars(双眼鏡)などもおすすめの持ち物として教えてもらえます。

海の上なので日焼け対策+防寒対策+防水対策ができていれば基本は安心です。寒い場合は船内に避難することもできましたが、やっぱり外の方がよく見えるので最低でも防寒対策は必須です。

私は9月の上旬、やや曇りの日に行きましたがユニクロのウルトラライトダウンジャケット+レインコートが活躍しました。レインコートもお尻までカバーする長さか、レインコート用のパンツがあると椅子に座った時に濡れないので便利です。

荷物はコンパクトな方が濡れませんが、どうしてもかさばる場合は大きなビニール袋があると濡れません。

 

 

会うチャンスがある野生動物たち

クジラ(Whale)

背中が見えるだけでもラッキーらしい…テレビや写真で見るような「ジャンプ」のタイミングはとてもレアです!

 

シャチ(Orca / Killer Whale)

シーズンによっては群れで並んで泳いでいる様子を見ることができます!私が行ったときは子シャチに狩りを教えている様子を見ることができました。

 

アシカ(Sea Lion)

岩場に溜まっているのでほぼ確実に見ることができます。近くに行くと鳴き声(と臭い)があるのでわかりやすいです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

***
お役立ち情報カナダ/CANADA海外生活体験レポート旅行/TRAVEL
ビスケ / Biskeをフォローする
NoRegretLife

コメント

タイトルとURLをコピーしました