【生物基礎】細胞の大きさ・分解能【ポイント】

生物学/BIOLOGY

細胞と顕微鏡

最初に細胞を観察した人

ロバート・フック

死んだコルクの細胞壁を観察し、細胞(Cell)と命名した。この時に実際見ていたのは、細胞が死んで残った細胞壁の隙間だった…ということですね。観察結果などを含めた研究データを『ミクログラフィア』という書籍にて発表している。

 

細胞説

細胞説…生物の基本単位は細胞であるという説。フィルヒョーによって提唱

これに関連して植物と動物の細胞を観察し、それぞれが細胞という構造からできていることを発表した研究者2名も覚えておこう。

植物細胞…シュライデン、動物細胞…シュワン

名前がややこしいので、『シュワン、わん、犬、動物細胞』で覚えるのおススメです。

 

顕微鏡の世界

長さの単位

ミリメートル>マイクロメートル>ナノメートル

※1㎜=1000μm、1μm=1000nm

入試で聞かれやすいもののサイズ

ヒトの赤血球…7.5µm、葉緑体…5µm、ミトコンドリア…2µm、大腸菌…3µm

細胞の大きさと形

細胞は立体

10~100μm程のサイズが多い。もちろん例外もある。

原核細胞(10µm)<真核細胞(~100µm)

例)大…ニワトリの卵黄(直径25mm)、 長…ヒトの座骨神経(1m)

 

分解能

2点を見分けられる最小間隔(距離)のこと。能力とかではないので注意!どの種類の顕微鏡で観察すべきか聞かれる問題があるので、分解能の数字は必ず覚えておくこと!

肉眼…約0.1mm、光学顕微鏡…約0.2μm、電子顕微鏡…約0.1~0.2㎚

 

単位換算のコツ

µmから㎚、cmからµmなど計算が苦手な人向けに補足プリントを載せておきます!

ちょっとしたクイズもあるので挑戦してみてください。もちろん解答付きです。

補足プリント:細胞の形と大きさ・単位

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました