【生物基礎】真核細胞と原核細胞【ポイント】

生物学/BIOLOGY

真核細胞

真核生物(動物、植物、菌類)が持っている細胞のこと。動物細胞と植物細胞の2つに分けられる。

構成は細胞=細胞膜+核+細胞質+細胞小器官のようになっている。

引用:改訂版生物基礎(数研出版)
細胞小器官…細胞内に見られる構造体のこと

音声は英語ですが、日本語字幕で見られますよ!

(1)核…細胞の司令塔

染色体(DNA+タンパク質)がある

核膜(二重膜)を持つ

 

(2)細胞質=細胞質基質+細胞小器官(核を含む)

①細胞質基質…細胞小器官の間を満たす物質

・水やタンパク質などを含む…化学反応の場

原形質流動(細胞質流動)…流動性があるので、ずっと同じ位置に細胞小器官があるわけではない

例)オオカナダモ

 

②ミトコンドリア…二重膜、独自のDNAを持つ

呼吸の場

エネルギー(ATP)の生産工場

 

③葉緑体…二重膜、独自のDNAを持つ

光合成の場

クロロフィル等を含む

 

④液胞

・液胞膜で細胞液(糖やアントシアンを含む)がつつまれた構造。

植物細胞でよく発達している。

老廃物の貯蔵

 

⑤細胞膜…内外の仕切り

・物質の出入りに関係しており、必要な物質や要らない物質を選んで透すことができる。

 

(3)細胞壁

・細胞の保護、形の維持

セルロースが主成分

 

原核細胞


引用:改訂版生物基礎(数研出版)

原核生物が持っている細胞の事。バクテリア(細菌類)などが原核生物に含まれる。

例)原核生物…大腸菌、シアノバクテリア(光合成する原核生物)

 

原核細胞の特徴

①核膜がない

②細胞小器官がない

(③たいてい真核細胞より小さい)

 

真核細胞と原核細胞の比較


引用:改訂版生物基礎(数研出版)

ウイルスは原核生物じゃないの?

ウイルスは原核生物ではありません。ウイルスは生物学的には「生物」でありません。生物の特徴をすべて持っておらず、一部の特徴しか持っていないため厳密に言うと生物ではない!下記にまとめましたが、生物の共通性で学んだ特徴のうち③しか当てはまらないんですね。

ウイルスの特徴


引用:改訂版生物基礎(数研出版)

①細胞構造を持たない

②生物の細胞に侵入して増殖(寄生)…ウイルスだけでは子孫を残せない

③遺伝物質は核酸(DNAやRNA)

④エネルギーの出入りもない

もう少し丁寧に知りたい方はこの動画がおススメです!

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました