【留学生活】部屋の虫対策まとめ【虫が嫌すぎる】

お役立ち情報

突然ですが私はあまりが得意ではありません。生物学的な観点からの昆虫は興味ありますが、実生活に介入してくるタイプのは苦手です。

バンクーバーでよく見るシルバーフィッシュやクモはギリギリやり過ごせても、ダニが発生したときは本当に呪いました。笑

ということで勝手に殺虫剤などを紹介しておきます。ちなみに、この記事には虫の画像を一切使っておりませんので、安心してご覧ください。

 

Doktor Doom Sleep Tight Bed Bug Killer Spray

カナディアンタイヤ(Canadian Tire)で購入しました。ネット価格だと約17ドルです。

買った経緯はベッドにダニが発生したっぽかったから。

レビューしてみる

商品名に「Bed bug」とある通り、ベッドバグ用の殺虫剤ですが、強力なので大体の虫に効きます。部屋で遭遇しがちなクモシルバーフィッシュムカデなどに使えます。

スプレータイプで射程が1~1.5メートルなので天井に居る厄介なヤツにも使えます。

ただし臭いが強い(石油系の臭い)ので換気必須です。壁や天井などに向かってスプレーした場合、そこにしばらく殺虫剤が残っているっぽい(その場所を通ったらしきシルバーフィッシュがお亡くなりになってた)ので、小さい子供やペットなどを飼っている場合は使用に気を付けたほうが良いと思います。

スプレーによって壁や天井にシミが残ったことはありませんが、気になる人は虫を撤去したら拭いた方がいいかもしれません。

 

ダニが出たとき

かゆい犬のイラスト

去年の秋~冬にかけてダニに悩まされてました。

以前ホームステイしていた部屋は狭かったのですが、暖房をほとんど付けてくれない家だったせいで換気を怠っていたのが原因の1つかな…と考えています。

ホストファミリーは犬も飼っていたし、人の出入りも多かったし、古い家で隙間も多かったからダニがどこから入ってきたのかわからない…私の部屋でだけ発生し、私だけダニに苦しんでいました。笑

虫刺されが見つかったときは「蚊かな?」と思ったのですが、刺されている場所が毎日増えていく&太ももの内側や脇の付近など服を着ているところに刺されていたことからダニではないかと推測しました。

ホストファミリーに相談したら、「学校帰りに服を着替えないでベッドに座ったからじゃない?」とひどく素っ気ない事を言われ自分でなんとかすることにしました。反応としては素っ気ないけど、一理あるので、帰宅後はすぐに着替えました。

シーツやカバーを全部洗濯&乾燥機でダニを熱殺している間に、上記のスプレーをベッドマットにスプレーして20分くらい部屋を換気していました。とても寒かったですが、臭いがちょっときついのでこればかりは仕方ない…。

洗濯は毎週1回しか許可されていなかったので、洗濯+スプレーを週1回、2~3日1回シーツを外してスプレー(天気がいい日に)をすることを繰り返して1か月後くらいにはダニを撲滅しました。

ダニだったので自分でなんとかしようと頑張りましたが、ベッドバグの場合はどうしようもない(マットレスを捨てるとかそのレベルの対応が必要らしい)です。その時はちゃんとホストファミリーまたは大家に言ったほうがいいです。

 

シルバーフィッシュが湧いてくる

殺虫剤のイラスト

カナダの古い家でよく見るらしいシルバーフィッシュと呼ばれるシミ(紙魚)の仲間の虫。ホームステイの時も今の家でもよく見ます。

本当にどーしても嫌なときは上記の殺虫剤でなんとかできます。彼らは繊細な虫なので、前日スプレーしたところで別の個体がお亡くなりになっていることもしばしば。

しかしタイトルの通り、湧いてくるようにたくさんいるので隙間を埋めた方が早いことに気づきました。

ということでホームセンターで穴埋め用のシリコンを購入し、シリコンで埋められない大き目の隙間はマスキングテープで隠すことに…これで発生率を抑えることに成功!

私が買ったのは画像のシリコンです。これ1個でシリコンを出しながら角と隙間にフィットするように馴染ませることができる…はずだったのですが、中のシリコンが乾燥してしまっていて、細い口から出てこなかったです。ダイレクトに中身を取り出してペタペタしました。結構ボロボロ取れやすいので、コスパを考えるとマスキングテープの方が楽ですね。

マスキングテープはホームセンターのペイントコーナーとかに置いてあるはずですが、ダウンタウンのロブソンにあるダイソーに打っているものはコスパいいです。

 

ラベンダーの香りは効くのか?

英語のサイトで「シルバーフィッシュはラベンダーの香りを避ける」とあったので、トイレの芳香剤を変えてみましたがあまり効果がなかったような感じです。

彼らの習性として明るく乾燥したところは好きじゃなく、暗いジメジメしたところが好きなご様子なので、バスルームを明るくかつ換気してドライに保つのが一番手っ取り早い対策かも。

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました