カナダ渡航・入国に必要な書類まとめ

カナダ/CANADA

カナダ留学時、渡航に必要だった重要書類についてまとめてみました!

何をどう準備すればいいのか私も混乱しながら書類を用意したので、その覚え書きです。

留学プランやエージェントの有無によって変わるところもあるので、あくまでも参考程度に留めてもらって、最終的には個人でしっかり確認してください!

2021年の5月現在、コロナウイルスによる影響で、従来よりも必要な準備が増えています。

空港でチェックされるので、必ず準備してから渡航に臨んでください。

私の場合は、日本の空港の預入荷物依頼のカウンターから始まり、搭乗ゲート前の待合室でも書類提示を求められました。

当日までにすべて用意して、必要な書類は印刷して紙で持っておくとスムーズだと思います。

プリンターが無い!という人も、アプリ登録後の画面などスクショでもいいので、求められた時にすぐに見せられるように準備しておくことが大事だと思います。

渡航に必要な書類

パスポート

言わずもがな。必需品です。

ビザ

持っている人は持参します!

私の場合、VFSでバイオメトリクス認証した時に後日送られてきたビザのTYPEとDocument number、Validityなどの情報が載った資料を印刷して持っていきました。

到着後、イミグレーション(Immigration)の所で発行してもらえます。

入学許可書

LOA(Letter Of Acceptance)と呼ばれる書類です。

渡航前に学校から発行されるはず。

学校からのレシート(Student Receipt/Paid Invoice)

学校にお金払ってる=ちゃんと入国後勉強しますよ~の証明用。

残高証明書

銀行に依頼して発行してもらう書類です。数千円くらい。

必ずカナダドルの残高証明を発行してもらってください!

2週間くらいかかる場合もあるので、ゆとりをもって用意しておいた方が吉。

円高でカナダドルが高めに表記されることもあるので、学生ビザで入国する場合留学期間半年で120万(1か月10~20万くらいの計算)目安に用意すれば大丈夫とのことでした。

私も指摘されましたが、コロナ禍で渡航する場合は、なるべく大きい金額で残高証明書を用意して置いた方がやはり安心みたいです。

また、残高証明のパターンとして以下のパターンがあるそうです。

自分名義の口座
自分名義の口座2つ
親の名義の口座(苗字が一緒)

残高証明書の発行にもお金がかかるので2つの銀行口座だとその分追加されます。

この場合、証明書にある日付が同日じゃなくでも近ければ問題ないそうです。

また、定期預金などの積み立てでも可みたいです。

書いておいてアレですが、自分で調べた範囲での話なので必ず自分で確認はしてください!

証明書の日付が渡航日に近い方がいいのかな…と心配もあったのですが、私は11月末発行した書類で、4月末に渡航できました。

PCR検査英文の陰性証明書

渡航日から72時間以内にPCR検査を受けて発行してもらう書類です。

自宅近隣に英文での陰性証明書を発行できるところがなかったので、成田空港のPCR検査センターで行うことにしました。

最短2時間とありますが、混雑していることもあるので~4時間くらいは見積もってスケジュール設定したほうがいいと思います。

私は夕方のフライトだったので、9時空港着⇒10時からPCR検査予約⇒14時に結果を貰いに行くという感じでした。

ここの検査価格は3万円なので、安さを求めたい人は自己検査キットや近隣の診療所などで探した方がいいかもしれません。

航空券(eチケット)

チケットを買ったのeチケットの控えを持っていけばOKです。

スマホに入っていれば大丈夫だとも思いますが、念のため印刷していきました。

保険証書

これも英文で発行されたものを持っていきましょう!

学校からのサポートレター

あれば持っていけばOKみたいです。

ステイ先の情報

ホームステイや寮の住所などの情報がまとまったものを用意します。

私の場合、ホームステイ先が自己隔離場所も兼ねているのでその説明にも使えました。

カナダに入国の際に以下のようなことを聞かれるのでそれが自分で確認できるような書類だとOKですね。

・誰と一緒に住む予定か…アパートor家
・一緒に住む人の年齢…ホストファミリーの情報など
・個別の部屋の有無…プライベートのトイレやお風呂はあるか
・隔離中の生活…食事はどうするのか
・どうやって空港から滞在先まで移動するのか

カナダでの自己隔離期間に関する書類

ArriveCAN 自己隔離プラン提出後の画面

ArrivaeCANというアプリのダウンロードが必須です!
渡航前に必ずアプリをダウンロードをし、必要事項の入力を行ってください。
万が一、アプリで必要情報が提出されていない場合は罰金を科される場合もあるそうです…。

私は下の画面をスクショしつつ、番号を紙に控えておきました!

自己隔離場所(最初の隔離ホテル)に到着後48時間以内に「自己隔離先に到着し、隔離を行っていること」をアプリ上で報告する必要があります。

ArriveCANは到着して次の日の朝から使用可能です!

また、隔離期間中は、毎日アプリから自分の健康状態を報告しなければいけないので、忘れずに…!

Self-isolation Plan提出後のConfirmation Number

BC州に渡航の際はBC州の自己隔離プランの事前提出が必須です。

渡航の2日前までには必ず行いましょう。

提出が完了すると、Confirmation Numberをもらいます。

入国時に確認されるので、必ず番号を控えておきましょう!

Fly clearの画面

Fly Clearとは、バンクーバーに到着後、空港でPCR検査を行うために必要な予約です。

登録した時に入力したパスワードは、テスト結果が出た後、確認する時に必要なので忘れないように控えておいてください!

私は下の画面をスクショしつつ、番号を紙に控えておきました!

空港での検査翌日以降に、PCR検査の結果が出たことを知らせるメールが届きます。

政府指定ホテルの予約確認書

到着後3日間は政府指定ホテルでの隔離が必須です!

ホテルはオンラインか電話で予約できます。

オンラインで予約する場合は、GAA(Government- Authorized Accommodation) プランでの予約です。

どちらも予約完了後に、メールで予約確認書(Confirmation)が届くので、印刷しておきましょう!

ちゃんとGAAになってます!

空港での確認の際はもちろんですが、隔離ホテルまでタクシーで移動するときは予約確認書のホテルの名前を見せれば場所が伝わるのでスムーズです。

ちなみに、隔離ホテルについては別記事で紹介しています!

 

最後に

コロナウイルスが落ち着くまでは、通常の渡航よりも用意する書類が多く混乱しやすそうです。

準備不足かわかりませんが、預入荷物依頼のカウンターで空港スタッフの方と渡航者で、スマホ画面みながら試行錯誤しているシーンもありました…。

20ポケットくらいのクリアファイルに入れておけば、かさばらない&ごちゃごちゃしないので提出時に慌てずに済むのでおすすめです。

時間に余裕をもって準備して、不備の無いようにしましょう!

コメント

タイトルとURLをコピーしました